Whitening

簡単・安心・安全のホワイトニング「ビヨンド・システム」

歯の漂白は米国では9割近くの歯科医院で行われているほど常識レベルになっています。
日本でも、数年前より一大ブームの兆しが見られます。

白く輝く美しい歯は万人の憧れで、年齢、男女、職業を問わず求められています。

ホワイトニングは、歯の表面の汚れを取るというよりも、歯そのものの色を白くすることができるため、削ることなく歯をキレイにできます。
最近では、審美的な需要が多いため、当院でも毎月ホワイトニングを希望される患者さまがいらっしゃいます。

ホワイトニングとは、歯の色を薬剤を使って白くすることです。
ホワイトニングに用いられる薬剤に、「過酸化尿素」がありますが、これはもともと歯を白くするために使われはじめたのではありません。
歯の矯正治療では、装置を歯に長期間装着する必要があります。
アメリカの矯正歯科医が、歯周病が発症しないようにと過酸化尿素を使用しました。
そのとき偶然、歯が白くなったのをきっかけに過酸化尿素の臨床応用が始まったといわれています。

最新のホワイトニング  「ビヨンドシステム」 を導入しました。

歯科クリニックで行うホワイトニング・システムとして日本でNo.1の導入実績をもつホワイトニングです。
ホワイトニングは過酸化水素という薬液を使って歯を白くするのですが、ビヨンドホワイトニングはそれを活性化させる「光」を利用します。

簡単・・・通院回数はたったの2回

1回45分の照射で輝く白さを実感できます。

安心・・・安心料金の31,500円(税込)

2回の施術でホワイトニング効果が得られるので、何度も通院して費用がかかってしまうという心配はありません。施術本数は16~20本です。

安全・・・歯を痛めることはありません

当院のホワイトニングは健康な歯を削らずに歯を白くします。

Make Your Smile!あなたの笑顔、もっと素敵に
あなたの歯、白く美しくしてみませんか?

ホワイトニングの種類

歯医者さんでする方法・・(オフィスホワイトニング)

  • ホワイトニングができるかどうか検査します。同時に歯の色の診断も行い、写真を撮ります。
  • 歯をしっかり磨き、歯の表面の汚れを取ります。
  • 歯の周辺を保護します。
  • ホワイトニング材を歯の表面にぬり、合計30~45分間専用のライトで照らします。
  • (個人差により照射時間が変わることがあります。)最後に再度歯の表面を磨きます。
  • ホワイトニング完了後の歯の色の診断を行います。

お家でする方法・・(ホームホワイトニング)

  • ホワイトニングができるかどうか検査します。
  • 専用のマウスピースを作ります。
  • 専用のホワイトニング材をマウスピースに入れ、自宅で装着します。

症例

  • 神経を取った後、歯ぐきとの際が黒く変色してきたのが気になるということで来院されました。
    3回のホワイトニングにより歯の色がキレイになりました。

  • 全体的に黄色がかった歯が2回のホワイトニングにより白く輝く歯になりました。

ホワイトニングQ&A

ホワイトニング・ビヨンドシステムは安全ですか?
「過酸化水素」を使用したホワイトニング・ビヨンドシステムはアメリカで開発され、 長年にわたり使用されてその安全性が証明されています。 また、オフィスホワイトニングで使用する「ビヨンドライト」は発熱がなく、 紫外線も完全にカットされているので歯に安全です。
どのくらい時間がかかりますか?
オフィスホワイトニングの場合、おおよそ45分程度で完了します。 ヘアカット、マニュキュアやお茶を飲む時間ででき、とても簡単です。 初めての方の場合は、白さを持続するために、2回以上のホワイトニングが必要です。
痛くないの?
ホワイトニング後には、人により「刺激感」がでます。 これは「過酸化水素」による脱水症状が原因で歯には問題ないと考えられています。 「刺激感」はその方の「エナメル質の厚さ」により異なりますが、約24時間内に解消し、 元の状態に戻ります。
歯の白さはどのくらい持続できるの?
ホワイトニングの効果が持続する期間は、その方の諸好物、色に対する感覚、 歯の構造などによって個人差があります。 髪が長くなれば美容室に行くように、「色が付いてきたな」と思ったらホワイトニングをして下さい。
どうやって歯を白くできるの?
歯の変色には、加齢によるもの、コーヒーやお茶、赤ワインなど歯の表面から沈着するもの、 薬物によるものなど色々あります。(個人差があります。) ホワイトニングはホワイトニング材を歯の表面からしみこませ、歯の中の色素を分解させる方法です。
歯や体に悪影響はないのですか?
ホワイトニングはアメリカでは約20年前から行われている歴史のある治療法で、アメリカの大学をはじめ日本の各大学の研究でも、その安全性は保証されています。
当クリニックで使用しているホワイトニング剤も歯の中にある着色物質のみを分解して白くするため、歯にはまったくダメージがありません。
どんな歯でもホワイトニングができますか? 
ほとんどの場合可能ですが、むし歯や知覚過敏の程度によってはホワイトニングが難しい場合があります。
またプラスチック、セラミック等、人工物の色調を変えることはできません。
もしホワイトニングに適していない場合でも、他の治療法もありますのでご相談下さい。

費用について

費用については自費診療の料金ページを御覧ください。

治療後の患者さまからお声を頂いております

治療後の患者さまから治療についてのご意見、ご感想を頂いております。
一部を掲載させていただいております。
詳しくは患者さまからの声ページを御覧ください。