Consultation guidance

診療科目と診療内容

治療の内容には健康保険の適用される「保険診療」と保険の効かない「自費診療」がございます。
料金については自費診療の料金ページを御覧ください。

一般歯科

ワイズ・デンタルクリニックではできるだけ削らないむし歯治療を行っております。
以前は、むし歯になりやすい部分を「予防」的に悪くなる前に先に削ってしまうこと、詰めた物が外れないように大きく削って詰める、という治療が主流でした。
一度、むし歯で削った歯はしばらくすると再発しさらに大きく削って詰め物をします。
またしばらく経つとむし歯が広がって神経をとり、かぶせ物(銀歯)をすることになります。
銀歯になった歯は手入れが悪ければ、歯の根や歯ぐきの問題、再びむし歯になるなどで抜歯され、ブリッジ(両隣の歯を削って支えにして抜けた歯を補う処置)になってしまいます。
このブリッジも口の中の悪い衛生状態が続くとあっという間に抜歯となり、入れ歯になる可能性は大きくなります。

現在、MI(ミニマルインターベンション:最小限の侵襲)の略で、「歯を削る量をできる限り少なくして、今ある歯をできるだけ残す」という考え方が主流になりつつあります。

歯医者として一番大事なのは、患者様の歯を守ることです。
一度、削ってしまうと、二度と再生することはありません。
また、自分の天然の歯に勝るものはありません。

  • むし歯にならないようにきちんと予防をすること。
  • むし歯になってしまったとしても、できるだけ削らないで治療をすること。
  • 治療した歯やお口全体の健康を保つためにメンテナンスをすること。

この3つが大切だと考えています。

矯正歯科


class

歯が不揃いだったり、上下の顎の歯並びがお互いに噛み合わない状態を、医学的には「不正咬合」と呼びます。
矯正歯科とは、これらの不正咬合をきちんと噛み合う状態、きれいな歯並びにする歯科治療です。しかし、正常な咬合にするために、歯を削ったり、無理に抜いたりすることは、基本的にはありません。
専用の矯正装置を用いて、歯や顎の骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯並びと噛み合わせを時間をかけて治していきます。
不正咬合の主な症状は、出っ歯、受け口、開咬、乱ぐい歯、乳歯反対咬合などがあります。
大人の方はブラケットと呼ばれる装置を使用するワイヤーでの矯正治療以外にも、取り外せて見えないマウスピース矯正「インビザライン」もございます。

詳しくは矯正歯科ページを御覧ください。

小児歯科

「歯医者が嫌い」といわれる方の中には、小さい頃に歯医者で嫌な思いをしたことがある人が多いようです。
つまり、小さいときにこそ、恐がらせない、無理やり治療をしない歯医者さんに通うことが大切です。
そうすることが将来的に、その子がいつまでも健康な歯を保っていくための礎となります。

ワイズ・デンタルクリニックでは、お子様に「歯医者さん、好き!」、「歯医者さんに行きたい!」と言ってもらえるように、できるだけ嫌なイメージを持たないように、心がけて診療しています。
(アンパンマンやポケモンのDVDを観ながら治療を行っておりますので、みんなとても上手にできています!)
泣いても、暴れてもできる限りこちらもがんばって対応します。
たとえ虫歯を削ってつめる事ができなくても進行止めの薬を塗るだけでもかまいません。
できた事を褒めてあげて、治療を休まず通えば自然と一人で椅子に座って治療できるようになります。
治療がいやで、診療台の上で30分以上もぐずりながらも進行止め薬の塗布しかできないでいた子がある日突然きちんと口を開いて治療をさせてくれるようになることもあります。

そうやって泣きながらもがんばって通って虫歯治療し、そのあと定期的にフッ素を塗りにきてくれるお子様たちは明らかに綺麗な永久歯が生えてきているのです。
フッ素塗布は無料で行っておりますので、お気軽にお越し下さい。3ヵ月毎の健診をオススメしています。)
あなたの大切なお子様の、大切なお口を健康にするためのお手伝いをさせていただきます。

フッ素には毒性があると聞きましたが大丈夫ですか?
フッ素の濃度が適正であれば体に害はありません。
しかし、食塩が体にとても重要な物質でありながら過剰に摂取すると高血圧などの問題を引き起こすように、フッ素イオンもあまり大量に摂取すると有害です。
当医院で使っている濃度や頻度、歯磨き粉に入っている濃度であれば問題はありません。

歯科口腔外科

顎骨の中に埋まっている親知らずの抜歯、口の中のできものの切除術などです。
しかし、外科だけを扱う科では決してありません。
顎・口腔には多種多様な病気が起こります。
顎骨炎、骨髄炎、口内炎(難治性も含む)、顎関節症、神経痛、癌(歯肉がん・舌がん)、口腔心身症など、列挙すればきりがないほどです。

口腔外科という診療科目は、このように顎・口腔に起こる様々な病気の診断を下し、治療をする科でもあります。

審美歯科

審美歯科とは、見た目にも美しい口元を実現する、総合的な歯科医療のことを言います。
また、歯並びや歯の色にコンプレックスを持っている方に自信を持って素敵な笑顔になっていただく治療でもあります。
当院では、ホワイトニングや白い詰め物、かぶせ物など豊富に対応しております。
詳しくは審美歯科ページを御覧ください。

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)とは、虫歯や歯周病などにより自分の歯を失った場合にその部位を人工的な材料で補う治療法の一つです。
例外はありますが、一般に多数にわたる歯を失った場合に用いられる治療法です。

入れ歯の目的は、天然の歯を失ったことによる機能の回復(噛むこと・飲み込むこと・話すこと)と、外観(見た目)の回復です。

歯周病

「歯周病」とは、最近でこそ比較的頻繁に耳にする言葉になって来ていますが、簡単に言えば、歯を支える歯ぐきとその中にある骨(歯槽骨)の両方が悪くなって、極端になれば歯を支えることができなくなり抜けてしまう病気です。

詳しくは歯周病治療ページを御覧ください。

噛み合わせ(顎関節症)

顎関節症とは、あごに運動障害が起きた時に表れる症状を総称したものです。

一般的には噛み合わせが悪い(不正咬合)ことが顎関節症を引き起こす大きな要因と言われており、なにかしらの原因で顎の位置がずれたり、顎の骨やその周囲の筋肉に大きな負担がかかったことで、顎関節症が引き起こされます。

顎関節症の主な症状としては以下の3つが挙げられます。

・あごに痛みがある
・あごを動かすと音がする
・口が開きにくい

これらの主な症状は、様々な状態で表れます。

また、上記症状に付随し、頭痛や肩こり、首の痛み、腰痛、腕の痺れ、耳鳴りなどを伴うことがあります。

顎関節症の治療ではスプリントと呼ばれる治療用のマウスピースを用いた治療が一般的です。
顎関節の位置のズレを直し、筋の硬直を取り除いてあげます。顎関節が理想の位置に近づいたら、噛みあわせを調整し、正常な咬合になるようにしていきます。

ノンメタル(金属を使わない)治療

金属の害について

金属自体はアレルギーの直接の原因になりませんが、唾(だ)液や皮膚などと触れることでタンパク質と結合し、本来生体に存在しないタンパク質が出来上がります。
それを異物とみなした体が攻撃することで、炎症などが引き起こされます。
アレルギーを起こしやすい金属として、水銀、コバルト、クロム、ニッケルなどがあります。これらは通常使用される歯科用金属にも含まれます。
症状は個人差があり、全く出ない人もいますが、皮膚がただれたり化膿(のう)を起こす重症の人もいます。

身体のどこに反応が出るかわからず、金属を使用して十数年たってから突然発症することもあります。

それらの原因となる金属を取り除き、ノンメタルの歯を入れることにより、様々な症状を改善していくのが、金属アレルギーの治療となります。

「金属アレルギー」といえば、多くの方が、発症頻度の高いピアスやネックレスによるアレルギーを連想されますが、口の中の金属(アマルガム・その他金属のつめもの)によっても、発症します。
口の中の金属は、イオン化して溶け出しやすく、タンパクと結合してアレルギーを起こしやすくなるのです。 その結果、掌蹠膿疱症などのアレルギー症状をおこします。

アマルガムの毒

歯科用の金属の中でも、アマルガムは、その約半分に水銀を含むものです。
歯科という点では、優れた材料ですが、現在は健康への影響を考え、あまり使われていません。

近年、ヨーロッパでは、約6ヶ国がアマルガムの使用を禁止しており、研究もすすめられています。
中でも、イギリスは、1998年4月BBCニュースで妊婦に水銀アマルガムのつめものをしないように警告し、また、スウェーデン政府は、1987年に妊娠中にアマルガムの治療を受けてはならないと発表しています。

当院では、金属を使わない治療もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

治療後の患者さまからお声を頂いております

治療後の患者さまから治療についてのご意見、ご感想を頂いております。
一部を掲載させていただいております。
詳しくは患者さまからの声ページを御覧ください。