小学生でも歯周病になる!?

国分寺市の歯医者 「ワイズ・デンタルクリニック」 院長の中島です。

 

歯周病は「高齢者の病気」と思われている方も多いかと思います。

厚生労働省の調査によると

15~19歳で4.5%、20代は14%、

30代になると5人に1人が歯周病になっていることが分かりました。

 

また歯周病の中でもとくに重症化しやすいタイプに

「侵襲性歯周炎」という歯周病があります。

別名を「若年性歯周炎」ともいわれ、10代、20代で発症します。

通常の歯周病は20~30年かけて進行するのですが

5~10年で急速に進行する怖い病気です。

 

早めに治療を始めれば進行を食い止めることも可能です。

若いうちからむし歯予防、歯周病予防を始めることが大切です。