インプラントはどのくらい、もつのでしょうか?

国分寺市の歯医者 「ワイズ・デンタルクリニック」

院長の中島です。

 

先日、患者さまからこのようなご質問をいただきました。

 

インプラント治療について、

もっとも気になる点が安全性と耐久性ではないでしょうか。

インプラント治療が始まって40年以上が経ち、

多くの方が受けられたのではないでしょうか。

最近では、三次元画像(CT)による診断が可能になり、

安心してインプラント治療を受けることができるようになりました。

当院でもCTを導入し確実な診断のもと、インプラント治療を行っております。

 

では、「どのくらいもつ」ものなのでしょうか。

インプラントについては「何年もつ」というものではなく

お口の中の状況やメンテナンスによって変わります。

インプラント自体はチタンという金属ですのでむし歯にはなりません。

しかし、インプラント周囲炎というインプラントの歯周病になる可能性があります。

 

しっかりとした診断、治療、そして定期的なメンテナンスを行うことによって

10年、20年、それ以上お使いいただけると考えられます。