Esthetic

審美歯科とは?

最近、審美歯科という言葉をよく耳にするようになってきました。
審美歯科とは簡単に言うと歯の美容整形です。

輝く白い歯にする

古来より美人のたとえとして明眸皓歯(澄みきった明るい瞳と白い歯)と言われるように、白くて輝く歯は清潔感や知性の象徴で、美しい笑顔をつくるために欠かすことができません。
色素沈着(茶しぶなど)した汚れた歯をクリーニング(PMTC)やホワイトニング(歯の漂白)したり、かぶせた銀歯をセラミックで白くかぶせることで、キレイにすることができます。

キレイな歯並びにする

歯並びがガタガタだと、大きく口を開けて笑うことができません。
歯並びを気にするあまり、笑顔がなくなってしまい、周囲に暗いイメージを与えているケースも少なくありません。
審美歯科治療で歯並びや歯の大きさ、歯の形をキレイに整えることができます。

キレイな歯ぐきにする

歯がピカピカでも歯ぐきの形が悪かったり、笑ったときに歯ぐきが出すぎたり、歯ぐきの色が悪いと美しく見えません。
審美歯科治療では歯ばかりではなく、歯ぐきの色や形を整えます。

当院での審美歯科治療

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略でクリニックで行う専門的な歯の清掃のことです。

歯の周りや歯と歯ぐきの境界部分には、むし歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)という細菌のかたまりが存在します。
このプラークはバイオフィルムと呼ばれるフィルム状の薄い膜に覆われており、しっかりと歯の表面にへばりついています。
このためご自分で行う通常の歯みがきでは、どんなに丁寧に磨いたとしても、プラークの30~40%は残ってしまうと言われています。
PMTCは特別な清掃器具と薬剤を使用しますのでコーヒー、茶しぶやタバコのヤニや歯垢を取り除きます。
毎日のホームケアが一番重要であることはいうまでもありませんが、それに加えて1ヶ月~3ヶ月程度のサイクルで定期的にPMTCをされて、メンテナンスを続けられることをオススメします。

症例

  • 20代の女性です。
    歯の着色が気になるということで来院されました。
    タバコを吸われるということでヤニもついており通常のクリーニングではなかなか汚れが落ちません。
    特殊なペーストを使用することで、キレイでツルツルした歯になり、笑顔がますます魅力的になりました。

歯ぐきのエステ

(1)歯ぐきの整形
歯ぐきの形が不揃いであったり、笑ったときに歯ぐきがたくさん見えてしまう場合には、歯肉整形術を行います。
歯ぐきの形が不揃いの場合には、部分的に歯ぐきをカットして歯ぐきのラインをリップラインにあわせて修正します。
笑ったときに歯ぐき全体がたくさん見えてしまう場合には、全体的に歯ぐきを数mmカットして、歯ぐきをリップラインに合わせて修正します。
歯ぐきのラインが揃うと笑顔の印象が大きく変わり、知的でさわやかな印象の表情に生まれ変わります。
(2)歯ぐきのピーリング
どんなに歯が白くても、歯ぐきの色がくすんでいては美しい口元とはいえません。
歯ぐきの色をキレイにしてパーフェクトスマイルをめざしてみてはいかがですか。
歯ぐきのくすみはほとんどの場合メラニン色素の沈着によって起こり、黒っぽい歯ぐきになっています。
治療法として最も代表的なものは、フェノールアルコール法です。治療方法はいたってシンプルです。
黒っぽくなっている部分にフェノールを塗布し、その30秒後くらい経ってからアルコールを塗布して中和したら終了です。
数日で黒っぽい色素が沈着した上皮がはがれてキレイな歯ぐきになります。
最近では、レーザーを使用してメラニン色素の着色を除去する方法が取り入られるようになってきました。
レーザー治療は歯肉へのダメージが少なく、また痛みが非常に少なく治りが早いなど、多くのメリットを備えた治療方法といえます。

セラミック治療

虫歯の治療などで削った歯を、白い陶材(セラミック)で補う補綴(ほてつ)治療です。
保険対象外の素材を使用しますので費用が高くなりますが、天然歯のような自然な白さにでき、審美性を高めることができるという利点があります。

ラミネートベニア

テトラサイクリン(抗生物質)による歯の著しい変色や矮小歯、すきっ歯など歯の形態を治したいとき、またプラスチックの詰め物の変色を半永久的に治したいときには、ラミネートベニア法を行います。
歯を白くするだけでなく、セラミックのシェルの形や大きさを調整することによって、気になっている歯の形や歯並びを修正することが可能です。
材質はセラミックなので、汚れがつきにくく歯ぐきにも優しく、変色する心配もありません。

ラミネートベニア法とは
  • 歯の表面のエナメル質部分を0.7mm程度薄く削ります。(薄く削りますので歯にもやさしいです)
  • 歯型を採り、薄いつけ爪のようなセラミックのシェルを作製します。
  • 出来上がったセラミックのシェルを接着剤で貼り付けます。

インレー(詰め物)

小さなむし歯の治療では悪くなった部分だけを削って、削った穴をキレイな形に整えてから歯型を採り、これを使って人工材料の詰め物を作製します。
この治療法はインレー法と呼ばれています。
インレー法で使用する詰め物は、従来、金属(パラジウムや金、銀)が使われてきましたが、審美性(見た目の美しさ)を高めるためにセラミックを使用するセラミックインレー法が多用されるようになってきています。
金属と違って口を大きく開けてもキラッと光ることもなく、自分の歯の色と合わせることができるので、パッと見た感じでは詰め物が入っているようには見えませんので美しく自然な口元を再現できます。

素材による比較
  • メタルインレー

    保険適用内

    素材 金を12%含むパラジウム合金・銀合金・ニッケルクロム合金
    強度 金属のみなので硬いです
    色調 シルバー色
    耐変 永年使用していると黒ずんでくることも
    価格 健康保険制度に基づく一部負担金、部位・形状により異なる。2,000円前後。
    特徴 健康保険適用の金属で製作される物です。
    一般的に「銀歯」と言われる物ですが、治療費は安く済みますが、口を開けると目立ったり年月が経つと黒ずんだりしてきます。
  • ハイブリッドインレー

    保険適用外

    素材 プラスチックとセラミックの複合
    強度 天然歯と同程度の硬さ
    色調 ホワイト色。天然歯とほとんど同じ
    耐変 永年使用していると変色・着色あり
    価格 32,400円
    特徴 レジン(プラスチック)とセラミック(陶材)の混合材料で製作した白い歯。
    天然歯と同じくらいの硬さですので噛み合う歯も安心。
    ※金属アレルギーの心配がありません
  • ゴールドインレー

    保険適用外

    素材 14K・18K・20Kの金合金
    強度 保険適用金属に比べ柔らかい
    色調 ゴールド色
    耐変 変色・着色なし
    価格 43,200円
    特徴 一般的に「金歯」と言われる物です。
    天然歯に近い硬さですので噛み合う歯も痛めません。生体との親和性が高いので安心です。強く噛む大臼歯に向いています。
    K=カラット 金属の純度を表す単位
  • オールセラミックインレー

    保険適用外

    素材 特殊強化ガラスでできたセラミック
    強度 天然歯と同程度の硬さ
    色調 ホワイト色。隣の天然歯とほとんど同じで透明感あり。
    耐変 変色・着色なし
    価格 54,000円
    特徴 高品質の陶材を特殊調合した材料で製作した白い歯。ハイブリッドよりも透明感があり、永年使用しても変色がありません。
    生体親和性も高いため体に優しく、自然な美しさを再現できます。
    ※金属アレルギーの心配がありません。

クラウン(かぶせ物)

ホワイトニングやラミネートベニア法を使用しても白い歯にできないほど歯が著しく変色していたり、むし歯がひどくて歯に大きな穴があいてしまっていたり、むし歯が神経まで到達していて神経を取り除いてしまったとき、また歯並びをキレイにするときに行います。

素材による比較
  • クラウン

    保険適用内

    素材 金を12%含む
    保険適用の金属
    適応症例 保険で認められている範囲内で対応
    長所 保険適用内で出来る
    短所 金属のため目立つ
    年月が経つと黒ずむ
    プラークがつく
    治療代 保険適用可(部位により異なる)
  • 硬質レジン

    保険適用内

    素材 プラスチック
    適応症例 保険で認められている範囲内で対応
    長所 保険適用内で出来る
    短所 年月が経つと黒ずむ
    プラークがつく
    治療代 保険適用可
    (5,000円~)
  • ゴールドクラウン

    保険適用外

    素材 14K・18K・20Kの金合金
    適応症例 単冠・ブリッジどちらもOK
    長所 体にやさしい
    14K・18K・20Kの金合金
    プラークがつきづらい
    短所 金属のため目立つ
    治療代 75,600円
  • ハイブリッド

    保険適用外

    素材 プラスチックとセトモノの混合
    適応症例 詰め物・被せ物の両方
    単冠・ブリッジどちらもOK!
    長所 安価な自費
    天然歯と同じ硬さ
    プラークがつきづらい
    短所 年月が経つと多少着色・変色がある
    治療代 64,800円
  • ポーセレン・メタルボンド

    保険適用外

    素材 セトモノと金属
    適応症例 被せ物のみ
    単冠・ブリッジどちらもOK
    長所 隣の歯の色に限りなく近づけることが出来る
    強度がある
    プラークがつきづらい
    短所 料金が高い
    治療代 89,640円
  • オールセラミックス(ジルコニア系)

    保険適用外

    素材 ジルコニア
    適応症例 被せ物、詰め物の両方
    単冠・ブリッジどちらもOK
    長所 隣の歯の色に限りなく近づけることは可能
    金属を使用しないため体に良い
    プラークがつきづらい
    短所 料金が高い
    治療代 140,400円

症例

  • ラミネートベニア法、オールセラミック法により審美改善したケースです。
    上の歯6本がむし歯により崩壊していました。
    金属を一切使わないセラミックによる治療を行いました。
    金属を使用しないため、天然歯と変わらない質感を再現できました。

  • ホワイニングとラミネートベニア法により審美改善したケースです。
    かなり変色が強かったため、まずホワイトニングを行いました。
    その後、歯をほとんど削らないラミネートベニア法を行い、色調を改善しました。
    ずっと気にされていたようで大変喜んでおられました。

治療後の患者さまからお声を頂いております

治療後の患者さまから治療についてのご意見、ご感想を頂いております。
一部を掲載させていただいております。
詳しくは患者さまからの声ページを御覧ください。