新型コロナウイルス対策について

当院では新型コロナウイルス対策として以下のことに取り組んでおります。

 



 

院内感染予防として、開院時から行っている取り組み

 

当院では、新型コロナウィルスのみならず、その他の感染症を感染させないために、消毒・滅菌に力を入れております。

 

①マスクとグローブ(医療用ゴム手袋)、ゴーグルの着用。
②グローブの患者さまごとの交換。
③患者さま用のエプロン、コップ等は使い捨てにし、患者さまごとに廃棄。
④治療に使用する器具は、ドリル等のハンドピースを含め患者さまごとに交換し、消毒滅菌。
⑤診療台や操作パネル等のアルコール消毒液による清拭。
⑥スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒。

 

新型コロナウイルス対策として追加で行っている取り組み

 

⑦待合室への消毒液の設置。
⑧ドアノブや取っ手、手すりの消毒液による清拭。
⑨待合室の椅子の消毒液による清拭。
⑩待合室への空気清浄機の設置。
⑪定期的な換気。

 

厚生労働省のホームページによると、主な感染の仕方として、飛沫感染・接触感染が確認されています。

つきましては、ご来院時の感染予防として、待合室でのマスクの着用や手指の消毒など、新型コロナウィルスのみならずインフルエンザ予防にも繋がりますので、院内での感染予防にご協力くださいますようお願い申し上げます。