7月の院内勉強会

国分寺市の歯医者

ワイズ・デンタルクリニックです。

 

今月も毎月恒例の院内勉強会を行いました。

7月のテーマは

「むし歯」についてです。

 

歯を失う原因として歯周病の次に多いのが「むし歯」です。

40年くらい前は「むし歯の洪水」と言われるほどでしたが、最近はむし歯がないお子さまも多くなってきました。

治療技術の進歩や歯に対する意識が高くなってきたからだと思います。

しかし、むし歯で苦労されている方もまだまだ多くいらっしゃいます。

むし歯は飲食によりお口の中が酸性になり、歯のカルシウムなどが溶けだす「脱灰(だっかい)」という状態でむし歯菌が関わると進行していきます。

ですので昔から

「食べたあとは歯をみがきましょう」

と言われています。

日々の歯磨きはとても大切ですが

それにプラスして、フッ素やキシリトールを摂取しより効果的にむし歯予防をすることが重要となってきました。

フッ素により歯を強くし、

キシリトールによりむし歯菌を弱くするということがむし歯予防先進国のスウェーデンなどで行われています。

日本はまだまだむし歯予防では、遅れをとっていますが、なるべく多くの方がむし歯にならないようお手伝いできたらと思います。