歯磨きのあとにチョコを食べる!?

国分寺市の歯医者

ワイズ・デンタルクリニックの中島です。

皆さまは歯を磨いたあとにチョコを食べるとむし歯が予防できるということをご存知ですか。

ちょっと信じられないかも知れませんが事実なのです。

チョコだけでなく最近はラムネやキャンディー、グミ、ガムなどいろいろなものがあります。

毎日歯磨きしていますよね!?

どうしてむし歯になるのでしょうか。

むし歯になるにはちゃんと理由があります。

それはむし歯菌がいるからです。逆に言うとむし歯菌がいなければむし歯にはならないのです。

むし歯になりやすい方、むし歯になりにくい方がいます。むし歯菌が多いとむし歯になりやすいのです。

そこで、チョコレートの出番です。

といってもチョコなら何でもいいというわけではありません。

砂糖入りのチョコではなく、キシリトール入りのチョコです。

皆さまはキシリトールって聞いたことがありますか。最近はご存知の方も多いと思いますが、そのキシリトールにはむし歯菌を減らす効果があるのです。むし歯の少ない北欧の国フィンランドやスウェーデンなどではキシリトール100%のガムを食後に噛むのが習慣となっています。ガムを噛むことで唾液の分泌を促すこともできます。

また、キシリトール100%というのも重要です。

食後や歯磨き後にキシリトール入りのチョコを食べる、新しいむし歯予防習慣にいかがですか。ちなみにチョコは噛まずに舐めてくださいね。

もちろん歯磨きも大事ですよ。

DSC_1919